東京の姿勢美人と姿勢調整師

新東京カイロプラクティック協同組合 姿勢調整師会 公式ブログ

第8回 世界手技療法会議の開催のご案内

2018年10月20日(土)、 10月21日(日)、 第8回 世界手技療法会議が開催されます。 1回~7回は 韓国で開催されていましたが、 今年は初めて日本で 開催されることが決まりました。 ということは、なんと、 「日本初上陸」です!!! 会場は、 倉敷芸術科学…

JFCP国際セミナー、開催されました。

8月6日、7日は、 JFCP国際セミナー@倉敷 が開催されました。 東京の姿勢調整師たちも 参加してきました! 講義風景などの写真が入手できたら、 またこちらでもご報告しますね。

姿勢のフシギを渋谷区恵比寿でお届けします。

渋谷目黒エリア担当の 道野です。 さて。 親子のためのワークショップ、 「姿勢のフシギ、 からだのヒミツ」 をこのエリアにもお届けします。 小学一年の男の子に、 「こんなの学校でやってきたんだよ」 と報告をしたら、 「どんなの?」 「それで?」 とく…

【2018年8月】姿勢の専門家・姿勢調整師による姿勢と体のイベントのご案内(中野/杉並エリア)

7月は猛暑日が続き、 熱中症になられる方が増えたり、 台風が上陸したりと 大変な天候が続きましたね。 台風は関東から過ぎ去り、 また暑さが戻ってきました。 熱中症対策として、 スポーツドリンク等での こまめな水分補給、 涼しい場所への退避、 周囲の人…

姿勢科学の子供向けワークショップ@世田谷区

本日は、世田谷区立の小学校でのワークショップ、第2弾。 低学年の部です。 講師は、姿勢調整師の、 中尾ありさ先生。 小2と年中のお子さんのママなので、 さすが、盛り上げポイントをおさえた内容と なってました。 序盤から、姿勢クイズでいっきに テンシ…

姿勢の子ども向けワークショップ開催@世田谷区

夏休み中の小学校で、 子どもたち向けのワークショップが 開催され、 東京都姿勢調整師会 世田谷支部の中尾ありさ先生が 4年生から6年生の小学生たちに 姿勢科学のワークショップ 「姿勢のフシギ、からだのヒミツ」 を行いました。 姿勢をチェックする方法の…

北区立王子第五小学校、学校保健委員会で姿勢のお話

7月5日、北区立王子第五小学校の 学校保健委員会で、 姿勢のお話をさせていただきました。 講師は、井元雄一健康科学博士。 姿勢が悪いと 何がよくないのか。 体に何が起こってしまうのか。 姿勢の見分け方チェックポイント。 姿勢をよくする方法。 ……などな…

業界紙「コスモス通信」6月号に講演会の記事が掲載されました。

日本カイロプラクティック協同組合連合会発行の 業界紙「コスモス通信」6月号に、 2月の講演会の様子が掲載されました。 大林素子さんを迎えての 姿勢科学とスポーツの講演会。 ここにも書いたものです↓ tokyo-shisei.hatenablog.jp 姿勢科学を 日本の体の…

姿勢調整師の資格認定、更新制度

「安全な施術の提供をお約束し、 お客様に安心して 体をまかせていただきたい」 という姿勢調整師全員の想いが 目に見える形になりました。 資格者カードが目印です。 事故防止と安全のために 自動車の免許に更新期限と 更新条件や講習の参加があるように、 …

日本でできる海外留学体験

考えてみたら、 日本にいながらの、 海外留学を二日間。 なわけです。 しかも、アメリカの大学で 教壇に立つ日本人の先生、 っていうことで、 英語できなくても問題なし。 これは、ラッキーです。 ↓↓これのこと。↓↓ 国際セミナーを修了すると | 全国姿勢調整…

JFCP 国際セミナーって何? それっておいしいの?

先日ご案内した、JFCP 国際セミナーについて、 「いったいどんなやつ なんですか?」 ……という、 食べたことも見たこともない、 みたいな質問をいただいたので。 (そりゃあ、 初めてきくものはなんだって そうだろうと思います。) 昨年の内容をご紹介する…

【2018年7月】姿勢の専門家・姿勢調整師による姿勢と体のイベントのご案内

あっという間に6月も終わろうとしています。 前半と打って変わって、ムシムシジメジメとようやく梅雨らしくなってきましたね。 7月に入ると暑さが本格化して、本場の夏に突入しそうです。 皆さん、夏休みの計画は立てていますか? 7月の姿勢と体のイベントの…

6/27 品川姿勢カフェレポート

6/27(水) 品川姿勢カフェ〜姿勢と健康のはなし〜を開催しました。 カフェでお茶を飲みながら、おしゃべり感覚で姿勢と健康の関係について、皆さんからの疑問にお答えするというコンセプトで始めました。 今回は初回! 私、塗木の人生の中で、人様にモノを教…

子どもたちの荷物の重さの問題をみんなで解決しよう。

学校の教科書を詰め込んだバッグが重い話、 再び話題になっています。 「教科書はすべて持って帰りなさい」 カバンが重すぎると怒りの声 「教科書はすべて持って帰りなさい」カバンが重すぎると怒りの声 - ライブドアニュース 4月から公立中1年の娘の鞄、12k…

スポーツや運動に伴うケガや障害の予防と対処方法を学ぼう!

この夏も、やってきました。 アメリカのウェスタンステイツ大学から 講師を招聘して 「姿勢科学とスポーツ医学」を学ぶ講座が あります。 今、東京はオリンピックに向けて、 スポーツや運動をする人を応援する企画が 目白押しです。 運動人口が増えるのは、 …

6/17 中野坂上 姿勢調整体験会 レポート

6月17日(日) 中野坂上サンブライトビルで開催された「カワイイフリマ」に「姿勢調整体験会」として、初出店させていただきました。 6月は天候が崩れやすいのですが、幸いお天気に恵まれました! 実はこのビル、私、塗木(ぬるき)が以前勤務していた場所(笑) …

2018年6月 姿勢の専門家・姿勢調整師による姿勢と体のイベントのご案内

6月も折り返し地点となりました。 晴れた日は暑く、雨の日は肌寒くと 気候が変わりやすくなっておりますが、 皆さん体調を崩されていませんか? 今月の姿勢と体のイベントのお知らせとなります。 ぜひご参加いただき、 日々の体調管理にお役立てください。 …

姿勢と体と安全のお話

株式会社 鏑矢さまの安全大会にて 「ケガやミスを防ぐ、体のしくみ・体の使い方~ご安全に!姿勢科学で健康・元気に生きる法~」 の講演をおこないました。 6月は建築関連業界の 安全大会が多い時期。 工事、建設現場で体を使ってお仕事を されている方の体…

北区中央公園文化センターで講演しました。

3月に、北区中央公園文化センターにて、 「姿勢の専門家から学ぶ ~すこやかな心を育む子どもの姿勢~」と 「姿勢の専門家から学ぶ ~知って得する姿勢の話〜」の 講演で講師をしました。 「姿勢の専門家から学ぶ ~すこやかな心を育む子どもの姿勢~」 では…

姿勢の講座、講演、講師派遣いたします。

東京都の学校教育関係者、 小中学校・高校の生徒の保護者の皆様へ 私たち、姿勢調整師会は、 『姿勢と健康』に関する 正しい知識や情報の発信により、 講演・講座・研修会を通して、 都民区民の方々の健康寿命の増進、 医療費削減を支援するための 普及啓発…

教科書や荷物の重さの話、その後の話題

以前、小中学生の通学時の荷物が重い、 教科書が重い、 成長期の体への過剰な負担が気になる、 という話を書いたところ、 新聞社やテレビ局から 問い合わせをいただいたのですが、 学校に一部の荷物を置くことを 認める動きも出てきたようですね。 (^^) 重い…

「運動がもっと楽しくなる姿勢のお話」開催しました!

2月25日(日)、 講演会「運動がもっと楽しくなる姿勢のお話」 を開催しました。 前半は、井元雄一健康科学博士より、 「姿勢と体のホントのお話」。 まずは、姿勢の基礎知識を お伝えしました。 よい姿勢とは、どんな姿勢なのか? ちょっぴりチェックもして…

大田区 区教研養護部会講演会にて、子どもの姿勢と健康のお話

大田区の「平成29年度 区教研養護部会講演会」で 講演「子どもの姿勢と健康のお話」 をお届けしてきました。 講師は、井元雄一博士。 参加者は、小中学校の養護教諭の先生たち。 子どもたちの姿勢はもちろん、 大人の姿勢も気になる。 真剣なまなざしで 皆様…

2018年3月 姿勢の専門家・姿勢調整師による姿勢と体のイベントのご案内

健康でいたい! 健康寿命が気になる! ↓ そんなあなたにはコレ! 寝たきり予防に役立つ姿勢の勉強会 体の使い方を姿勢の先生から学んで、痛みや不調を予防しよう! 3月8日(木)19時~20時 @港区六本木 担当:前田 会場: KCSセンター六本木 港区…

2/25 「運動がもっと楽しくなる姿勢のお話」会場のご案内

会場の大手町野村ビルはこちらです。 「大手町駅」をご利用の場合は、 B2a、またはA5の出口が便利です。 JR東京駅ご利用の方は、 こちらをご覧ください。 改札口は、「丸の内北口」より。 http://www.tokyoinfo.com/access/gate/ 丸の内北口の改札を背に、 …

小学生も楽しめる姿勢のお話

25日の「運動がもっと楽しくなる姿勢のお話」にお問い合わせいただきました。 2/25に運動がもっと楽しくなる姿勢のお話があると知り、興味があるのですが、こちらは小学生の子供も参加可能でしょうか? はい! もちろん、小学生の参加も 大歓迎です! 小学生…

フィギュアスケートと体づくり

アメリカのBrigham Young Universityの研究によると、 フィギュアスケートで ジャンプをして着氷する時に、 選手の体にかかる負担は、 体重の5~8倍にもなるそうです。 出典元: news.byu.edu ってことは、 体重50kgだとしたら、 体にかかる負担は400kg! …

指導者も選手も、知識を得て体を守ろう。

野球選手のダルビッシュ有さんが、 インタビューに答えて こんな話をしています。 指導者には正しい知識を身につけて欲しい。例えば休養の重要性です。筋力トレーニングは、ほぼ毎日頑張るよりも、週に3日程度は休みながら行う方が結果は上になったりするの…

運動やスポーツの常識を覆す、姿勢科学のお話

運動やスポーツで、これまで ごく当たり前に行われていることが、 実は体にとってはよくなかった、 ということは、よくあります。 ごく普通に 誰でも一度はやったことのある 腹筋運動も。 www.asahi.com そうなんです。 私たちが指導する時は、 日本でおなじ…

スポーツ、運動を愛する人にお届けします。

東京都では2020年のオリンピックに向けてスポーツや運動のさまざまイベントや企画がおこなわれています。 スポーツや運動で体を動かすのは楽しいです。でも、せっかくだから、けがや故障なく、楽しんでほしい。 健康のために、と運動をして、やり方によって…