読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京の姿勢美人と姿勢セラピスト

新東京カイロプラクティック協同組合 姿勢調整師会 公式ブログ

株式会社 中道組さま、関東安全大会での姿勢のお話

株式会社 中道組さまの関東安全大会で

記念講演として、

「姿勢科学で健康・元気に生きる法

~ケガやミスを防ぐ、体のしくみ・体の使い方」

と題して姿勢のお話を

させていただきました。

 

f:id:tokyo-shisei:20161027202652j:plain

f:id:tokyo-shisei:20161027202840j:plain

 

互いの姿勢をチェックしてみたり、

体を動かしてみたり。

 

姿勢と体のしくみについて

知っていただき、

健康な体づくりについて

知っていただく時間となり、

普段どんなふうに工夫したらいいのか、

参加者の方からも

積極的にご質問いただきました。

 

ありがとうございました。

 

 

日本で働く人の

疼痛による欠勤での経済損失 882億円

我慢して出勤しての生産性低下による損失 526億円

疼痛が原因で転職による損失 1967億円

疼痛が原因で退職による損失 345億円

疼痛だけで合わせて

年間 約3720億円の経済損失がある、

という試算があります。

ACCJ「疾病の予防、早期発見および

経済的負担に関する意識調査:報告書 確定版」

(全国5千人対象)2012年7月 )

 

また、

「過去1か月に何らかの痛み

(ちくちく、ひりひりを含む)を

感じた事があるか?」

という質問に対して、

対象者5000人の60%が「ある」と回答。

0-10の痛みのレベルの「5」以上が

3か月以上続いた、という563人のうち、

「痛みによって

日常生活にどんな影響が出ましたか?」

という質問に

「気分が落ち込んだ」

と46.7%の人が回答したそうです。

 

別の調査では、

腰痛の人の3人に1人が

慢性腰痛で仕事を辞めたいと

思ったことがあるのだとか。

 

働く人が健康で元気だと、

日本経済も健全で元気でいられるはず。

 

「安全」とか「品質」という目線でいうと、

体に気になるところがあると、

そっちに気がそがれて、

注意力も集中力も低下してしまうので、

意識しても気をつけることが

できなくなってしまいます。

 

働く皆さんが

姿勢について知り、

姿勢よく、健康な体でいることが

品質、安全を守るために

会社にとっても

とっても大事なことなんです。

 

姿勢調整師会では、

体や健康に関するお話をお届けに、

企業、団体、学校などに

講師を派遣しています。

 

内容も、料金も応相談です。

 

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

 

tokyo-shisei.hatenablog.jp

電話 03-5659-5311

メール tokyo-shisei@freeml.com


新東京カイロプラクティック協同組合
姿勢調整師会

道野恵美子