東京の姿勢美人と姿勢調整師

新東京カイロプラクティック協同組合 姿勢調整師会 公式ブログ

安全施術講習会(2019.3.11)、開催されました。

f:id:tokyo-shisei:20190312160659j:image

 

2019年3月11日、中央区銀座にて、

カイロプラクティック安全施術講習会」

(主催 カイロプラクティック業協同組合連合会

日本カイロプラクティック協同組合連合会)

が実施されました。

カイロプラクティック安全施術講習会

 

 

内容は、以下のとおりです。

 

1. 業界の活動状況

2. 医師の医療倫理について

3. 危険な技術と対策(腰部)

4. 技術審査会

 

 

安全施術講習会の主催団体の一つ、

日本カイロプラクティック協同組合連合会の

山田事務局長より、

カイロプラクティック

手技療法業界の最新事情、

消費者庁の安全対策要請後の

業界の活動状況、

今後の課題などが共有されました。

 

 

 

f:id:tokyo-shisei:20190312135629j:plain

伊藤実佐子先生による医師の医療倫理についてのご講演

ウェルネスクリニック銀座 beauty & sports 院長

伊藤実佐子先生からは、

整形外科医でスポーツドクターという専門医の立場から、

医師の医療倫理についてご講演いただきました。

 

伊藤先生ご自身の現場での実例を交え、

医師がどのような理念に基づいて

選択の難しい場面でも判断をしていくのか、

どんなことを信じて活動されているのか、

のお話がありました。

 

整形外科、という

カイロプラクティックや手技療法と

関連の深い医療専門分野の医師の立場から、

危険な施術のあとにある更なる体への影響や

医療機関や医師との相互連携の大切さも

お話いただき、

今後の活動に生かしたい、

学びの多い時間となりました。

 

 

ご講演のあとで、

骨粗しょう症の方への対応についても

お話してほしい」

というアドバイスもいただき、

午後の施術の安全性についての講義に

生かすことができました。

 

この度はお忙しい中、

本当にご協力ありがとうございました!

 

f:id:tokyo-shisei:20190312092950j:plain

井元先生による危険な技術と対策

午後からは、

カイロプラクティック理学修士

健康科学博士の井元先生より

危険な技術と対策の講習がありました。

 

過去には「骨盤部」と

「頸椎」の講習を行いましたが、

今回は「腰部」に関する内容でした。

 

腰椎の構造、

腰椎の関節の特性などを確認したあと、

腰椎の施術で想定されるリスク、

危険の高い手技の具体例を学びました。

f:id:tokyo-shisei:20190312091803j:plain

危険な技術の一例

 

f:id:tokyo-shisei:20190312114048j:plain

危険と安全の違いを目で見て確認する

 

数センチ、数ミリ、の違い、

認識の違い、思い込み、

ほんの少しの違いで、

安全であるはずの施術が、

より健康でいるためにすることが、

危険な行為に変わってしまう、

ということを

知識としても

視覚的にも感じました。

 

 

最後の時間は、

技術審査会がありました。

(2019年の技術審査の未受審の方が対象)

 

自分が施術をしている姿を

その場でその瞬間に自分自身で見る、

安全かどうか確認する、

ということはできません。

 

人に客観的にチェックしてもらうことや

知識と技術の定期的な微調整は

どの施術者にも本当に必要だと思います。

 

 

 

 

手技による危害が

多く報告されている、

ということで

消費者庁からも厚生労働省からも、

業界としての対応が求められています。

 

「人のために何かしたい」

「誰かの役に立てたらうれしい」

という想いでしていることが、

 

同じ業界で

誰かを傷つける行為が

1件でも起こるだけでも、

「この療法は危ない」

「こういうところには行くべきでない」

という目で見られてしまいます。

 

 

「私は大丈夫」とか

「うちは安全です」とか

「あそこは危ない」とか

誰が正しい、間違っている、

ということではなく、

 

手技による施術を行っている業界の

全体の品質を上げていく必要があることを、

一人ひとりが認識すること、

 

安心して体をまかせてもらえる、

安全な施術が提供できる施術者を

一人でも多く増やしていくこと、

 

 

そのために

一人ひとりが声を上げたり

行動することが、

「本当に人のためになる施術」を

提供し続けていくために必要だ、

と改めて感じた時間でした。

 

 

カイロプラクティック安全施術講習会は、

年内にまた開催の予定があるそうです。

その際はまたご案内いたします。

 

 

 

【2019年3月】姿勢の専門家・姿勢調整師による姿勢と体のイベントのご案内(杉並エリア)

こんにちは。杉並支部長 塗木です。

暖かい日が増えてきており、春の足音が聞こえてきました。

 

 

3月は学生のみなさんは「卒業」、社会人の方は「人事異動」と新生活に向けて、節目となる時期です。

新生活が始まると、新しい出会いや人間関係が自然と増えてきます。

良好な関係を作るのに欠かせないのが、「第一印象」!

人の第一印象は9割「見た目」で決まるという説もあります。

もちろん「姿勢」も見られていますよ。人間は自分のことはさておき、他人のことはついつい厳しく見てしまうもの。

新生活への準備期間に「良い姿勢」を手に入れておくと、新しい出会いを「素敵な出会い」にできるかも!?

 

3月に杉並エリアにて、開催となります姿勢と体のイベント予定をお知らせします。

 

50代からの姿勢ケア教室

~一生自分の足で歩いていける老後のために~

f:id:tokyo-shisei:20190311230520p:plain

<概要>

寝たきりの状態である要介護5の原因は「姿勢」と密接な関係がある!?
 杖もいらない、押し車もいらない、家族の介助もいらない。そんな老後を過ごすための方法をお教えします!

 

<日時>

2019年3月21日(木・祝) 10:00〜11:30

 

<会場>

杉並会館 第3集会場

www.city.suginami.tokyo.jp

 

<問合せ先>

« お問い合わせ »
東京都姿勢調整師会 杉並支部
電話:090-7394-7095 Mail:moon_playing@hotmail.co.jp

 

肩こりデスクワーカーのための姿勢ケア教室

~痛みゼロの体で最高の24時間を手に入れる方法~

f:id:tokyo-shisei:20190311230541p:plain

<概要>

 デスクワーカーのみなさん。こんなお悩みありませんか?
 「朝起きると体が重い、家に帰ると疲れ果てて寝落ち」
 「肩こりがひどくなって仕事のモチベーションが上がらない」
 「せっかくの休日なのに頭痛で外に出る気力がない」
 「食べることが好きなのに吐き気で食欲がない」
 
 実はこれ姿勢の悪さが原因で起こっている可能性があります!
 逆にいうと姿勢が良い=痛みゼロの体となります。
 姿勢と体の関係、姿勢を良くして最高の24時間を過せす方法を教えます。

 

<日時>

2019年3月21日(木・祝) 13:00〜14:30

 

<会場>

杉並会館 第3集会場

www.city.suginami.tokyo.jp

 

<問合せ先>

« お問い合わせ »
東京都姿勢調整師会 杉並支部
電話:090-7394-7095 Mail:moon_playing@hotmail.co.jp

 

どんな施術者でありたいですか?

f:id:tokyo-shisei:20190307173501j:plain

先日、「安心して体をまかせてもらえる施術者であるために」

というタイトルで書きましたが、

 

tokyo-shisei.hatenablog.jp

 

逆に、

「安心して体をまかせられる人」

って、どんな人か?

ということを考えてみました。

 

 

あなたはいかがですか?

 

どんな人だったら

「安心してこの人にまかせたい!」

と思えますか?

 

 

医学の世界では、

古代ギリシャの時代に

ヒポクラテスというお医者さんが

医師の職業倫理について書いたという

ヒポクラテスの誓い」という文言が

知られています。

 

その中に、こんな言葉があります。

 

「養生治療を施すに当たっては、

能力と判断の及ぶ限り

患者の利益になることを考え、

危害を加えたり不正を行う目的で

治療することはいたしません。」

(大槻マミ太郎訳:誓い.小川鼎三編、ヒポクラテス全集、第1巻、
エンタプライズ、東京、1985;580-582より引用)

 

「あたりまえじゃないか」

と思うかもしれませんが、

こういう言葉がある以上、

そうじゃない人も存在した、

ということも言えます。

 

 

そして、

今もこうした言葉が大切にされている、

という背景には、

それを逸脱することがありうるから、

職業人として、専門家として

自らを律するために

この言葉が存在している、

ということが言えます。

 

 

同じように

人間の体に触れ、

人の体に刺激を与える

私たち手技療法の世界では、

どうでしょうか。

 

 

私は、このヒポクラテスの誓いを、

最初に姿勢調整法の技術を学んだ時に、

教えてもらいました。

 

この技術を、けして

人を傷つけるために使ってはならない。

人を傷つけないために、

安全な方法や体の知識を

学び続けていくことが大切。

 

と改めて心に刻むことができたし、

手技療法を使う限り、

あの日の気持ちを忘れずにいたい、

と思っています。

 

 

現在の日本では、

そうしたルールや道徳観のようなものは、

手技療法の業界全体で

統一された形では存在していません。

 

今は、そうした信条は、

施術者一人一人の

向上心と良心に

ゆだねられている状態です。

 

 

ここで最初の問いに戻ります。

 

どんな人だったら

「安心してこの人にまかせたい!」

と思えますか?

 

 

たとえば、

 

「もっと強く体を押してください」

とお客様から要望された時に、

 

「お望み通りの強さで押しておこう」

と強く押してくれる人なのか、

 

「これ以上の強さで押すことは

お客様の体を傷つける可能性が高く、

危険だからしない」

とお客様に伝える人なのか。

 

 

施術者を選ぶ時、私なら、

後者のように、

体の知識に基づいて、

より安全であるためには

どうしたらいいのかを考えて選ぶ力がある人を

選びたいと思います。

 

体をよくしたくて訪れる場所で、

気づかないうちに悪くされてしまうのは

いやだからです。

 

 

この例え、

医者でたとえたら、

「この薬効かないから

もっと強い効く薬ください」

と言われて、

 

「いいですよ」

とそれに伴うリスクも考えないで

本来必要ない、

より強い薬を処方するのか、

 

「そんなに強い薬はリスクが高いから、

この薬で様子をみようよ」

というのか、

というようなことです。

 

 

 

医療の世界でなくても、

手技療法の世界でも、

 

体のことだから、

 

知識や技術のレベルを高めることで

能力を向上し、

職業倫理に基づいて

判断をできる人に

体をまかせたい、

 

と考えるのは、

当然のことだと思います。

 

 

 

さて。

 

あなたはどんな施術者で

ありたいですか?

 

 

安全施術講習会、明日申込締め切りです。

 

講習会申込 - カイロプラクティック安全施術講習会

 

f:id:tokyo-shisei:20190301001352j:plain

安全施術講習会

f:id:tokyo-shisei:20190301001356j:plain

http://www.siwjc.net/admission.html

 

 

「中小企業だより」に掲載されました

f:id:tokyo-shisei:20190305104410j:image


f:id:tokyo-shisei:20190305104413j:image


f:id:tokyo-shisei:20190305104406j:image

 

先日の組合まつりの記事が

東京都中小企業団体中央会発行の

「中小企業だより」に掲載されました。

 

私たちのブースの写真もありましたー!

 

 

安心して体をまかせてもらえる施術者であるために

f:id:tokyo-shisei:20190228235846j:image

 

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」

という番組で、

医療現場の安全、医療安全に

取組んでいる医師の回がありました。

 

www.nhk-ondemand.jp

 

いくつか印象的だった言葉があります。

 

 

「私たちは患者の命とひきかえに

何か危険なこともできてしまう」。

 

 

「安全とか倫理を獲得したチームが

初めに先進的な医療に着手する資格を得る。

許される」。

 

 

 

起きてしまった医療事故や、

あやうく事故になりかけたケースを、

一つ一つ検証し、

再発防止のための方法を、

みんなで考え、実践していく。

 

今は医療安全の仕事を専任して、

臨床の現場で治療にあたることは

していなくても、

出勤すると、白衣を着る。

 

「白衣になると

患者さんのために仕事をしてるんだな、

という気になる」

 

 

 

カイロプラクティックや姿勢調整法など、

手技療法の場合、

健康な人の体のケア、

健康ケアが仕事なので、

医療の現場ほど生と死の瀬戸際が

あるわけではありません。

 

でも、

人の体に触れる以上、

触れることが体に与える影響を常に考えて

安全な施術をおこなうことは大切です。

 

健康な人の体をお預かりする以上、

健康なままいられるように

サポートすることが仕事であって、

傷をつけたり命を脅かすようなことが

あってはならないからです。

 

 

3月11日(月)に、

カイロプラクティック、手技療法の施術者向けに

安全施術講習会が東京で開催されます。

 

前回同様、

一般社団法人 日本カイロプラクティック

安全協会認定安全指導員による

「危険な技術」講義、

技術チェック、

カイロプラクティック

制度化推進(準備)会議メンバーによる

「業界の活動状況」報告、

があります。

 

それに加えて、今回は、

現役の医師に「医療倫理」の講演を

していただきます。

患者の命に大きな責任を負う

医師としての心構えから、

医療者のモラルを学ぶ時間となります。

 

 

申込み締め切りは

3月8日 15時まで。

 

 

一人でも多くの

カイロプラクティック

もしくは手技療法の施術者の皆さんと

こうした時間を共に過ごし、

日本の施術者が提供する

サービスの質の向上を

一緒に目指していけたら

うれしく思います。

 

 

私たちの手は、

使い方次第で

人を救うこともできれば、

人を傷つけることも

ありえてしまう。

 

日本で

カイロプラクティック

手技療法で傷つく人を

二度と出さないための取組です。

 

 

新東京カイロプラクティック協同組合は、

安全で安心して体を任せることのできる

施術者を増やしていくために、

東京都のカイロプラクティック業の

事業協同組合として、

本講習会の開催に協力しています。

 

施術家の皆さんの

ご参加、お待ちしてます!

 

 

詳しいご案内とお申込みは

↓ コチラから。

講習会案内 - カイロプラクティック安全施術講習会

 

f:id:tokyo-shisei:20190301001352j:image


f:id:tokyo-shisei:20190301001356j:image

 

http://www.siwjc.net/admission.html

 

カイロプラクティック安全施術講習会のご案内

カイロプラクティックの名称を使用する

すべての事業者、

ラクゼーション等、

手技療法家の皆様へ

 

カイロプラクティック

安全施術講習会

のご案内です。

 

行政機関への手技に関する相談件数が

増加しています。

その中から、直接的な危害に関わる内容を

抽出したところ、

正しい知識の習得によって防げる

と予想される事故が大半でした。

 

ご参考  

2017年5月 消費者庁消費者安全課から業界安全対策の要請↓

JFCP日本カイロプラクティック協同組合連合会

 

 

カイロプラクティック安全施術講習会では、

安全施術のための知識と、

危険な技術チェックの機会を提供します。

 

開催の目的は、

カイロプラクティック

安全性向上への啓蒙と、危害の防止です。

  

講習のテーマは、

行政機関に寄せられた危害報告や、

行政指導を優先して取り上げられます。

  

平成29年から関西地区と関東地区で

各2回行われてきて、

今回が3回目となります。

 

危ない施術と安全な施術の違いだけでなく、

手技療法の業界の最新事情、最新情報、

にも触れる機会となっています。

 


詳細・お申込みは、

下記サイトよりお願い致します。

 

PCから↓

カイロプラクティック安全施術講習会

 

スマホから↓

講習会申込 - カイロプラクティック安全施術講習会

 

 

日時・会場

▼神戸会場

2019年3月4日(月)

10:00〜16:30(予定)

(10:00受付、16:30閉講)

神戸市教育会館 501号室 

 

▼東京会場

2019年3月11日(月)

10:00〜16:30(予定)

(10:00受付、16:30閉講)

COMFORT銀座中央通り room B

 

東京都中央区銀座2丁目7-8

銀座貿易ビル6階

 

アクセス

有楽町線「銀座1丁目」駅9番出口地下から直結
*銀座線・日比谷線・丸の内線「銀座」駅 徒歩4分
*JR山手線、京浜東北線「有楽町」駅 徒歩6分

 

内容

カイロプラクティックと手技による危害の現状

② 技術の安全性向上講習(部位別、理論上の正しい知識、技能の研鑽など)

③ 技術審査

④ 自主規制と継続教育の重要性

 

受講費

(お申込後3日以内にお振込み下さい)

13,000円

 

早期割引

2月18日(月)15時までに

申込手続き・振込を完了すると、

上記金額より1,000円引き

 

申込締切日 

(神戸会場)2019年3月1日(金) 15:00まで

(東京会場)2019年3月8日(金) 15:00まで

 

受講対象

カイロプラクティックの名称を使用する

すべての事業者、

ラクゼーション等、手技療法家

 

 

主催

厚生労働大臣認可 カイロプラクティック業協同組合連合会

厚生労働大臣認可 日本カイロプラクティック協同組合連合会

 

後援

カイロプラクティック制度化推進(準備)会議

一般社団法人 日本DC手技療法協会

 

監修

一般社団法人 カイロプラクティック学術振興会(申請中)

 

認定

一般社団法人 日本カイロプラクティック安全協会(申請中)

 

その他の後援・協賛等は、

各団体組織と現在調整中

 

カイロプラクティック安全施術講習会 

運営代行事務局
〒651-0085
神戸市中央区八幡通3丁目2-5-706 JFCP内

TEL 078-230-3691

 

f:id:tokyo-shisei:20190212210501j:image

f:id:tokyo-shisei:20190212210504j:image

 

 

 

2019年技術審査会が実施されました。

f:id:tokyo-shisei:20190212200954j:image

2月10日、JFCP(日本カイロプラクティック協同組合連合会)の

技術審査会が実施されました。

 

東京の姿勢調整師たちも

受審してきました。

 

 

姿勢調整師の資格は

一年更新となっており、

臨床技術の安全性を評価する

技術審査を受けることも

更新要件の一つです。

 

 

姿勢調整師は、

技術のトレーニング、

知識の更新、

三者による技術チェックを

定期的に受け、

一定レベル以上の安全なサービスを

提供できるよう、

日々研鑽を続けています。