東京の姿勢美人と姿勢調整師

新東京カイロプラクティック協同組合 姿勢調整師会 公式ブログ

東京の人に知ってほしい、姿勢と体のお話

f:id:tokyo-shisei:20211125132227p:plain

こんにちは。東京都姿勢調整師会 会長、

道野恵美子です。

 

昨年からはじまった感染症流行は、

日々の通勤が在宅ワークに変わった働く人たち、

外に出なくなった高齢の親世代、

学ぶ環境が一変した子供たちの

姿勢と筋肉や骨格などの運動器の状態に

多大な影響を与えています。

 

「コロナフレイル」という名前で

高齢者の筋力の衰え、

歩行困難、認知症の進行などが

2021年に入って問題となってきています。

 

私も日々の臨床から実感としていたことを

実際に調査した結果として、

先日行われた学会(世界手技療法会議 ICoC)でも

2018年2019年に比べ、2020年の首都圏在住在勤者の

姿勢に前傾姿勢が増えていることを

報告させていただきました。

第10回 世界手技療法会議で研究成果を発表 | 全国姿勢調整師会

 

f:id:tokyo-shisei:20211125131010p:plain

f:id:tokyo-shisei:20211125131307p:plain



 

 

姿勢には、年齢やスタイルの良し悪しだけでなく、

現在の体の調子、未来の健康状態もあらわれます。

あなたの今の姿勢はいかがですか?

 

f:id:tokyo-shisei:20211125131545p:plain

 

体は本来、自分で健康を保つための

自然治癒能力をもっていますが、

姿勢が悪いと体の構造上

それをうまく働かせることができず、

機能の低下、自覚症状の悪化、

肥満、老化などのスピードが加速します。

 

姿勢科学は痛みの予防としてだけでなく

パフォーマンス向上としても注目されています。

 

私たちと一緒に姿勢と体のことを知って、

あなたの理想の体づくりに生かしてみませんか?

 

 

今の姿勢は、

これまでのあなたの知識や行動の結果です。

 

もしあなたが、

今の自分はいい姿勢ではない、と感じるのなら、

姿勢と体の本当のことを知っていたら

よい姿勢を目指していくことができます。

 

 

講師に、健康科学博士の井元雄一先生をお迎えして、

12月12日、世田谷区で姿勢のお話をお届けします。

 

無料で開催しますので、

お気軽にお申込みください。

 

peraichi.com

 

f:id:tokyo-shisei:20211125132259j:plain

f:id:tokyo-shisei:20211125132303j:plain

 



 

姿勢を変えれば体が変わる!@朝霞市 11/24(水)

f:id:tokyo-shisei:20211111095314j:image

 

11月24日水曜日、埼玉県朝霞市

姿勢のお話をお届けします。

 

健康科学博士の井元雄一先生を

お迎えして、

「姿勢を変えれば体が変わる」

と題し、講演をしていただきます。

 

これまで都内では開催実績がありますが、

朝霞市では初!です。

 

埼玉県近隣在住の皆様、

この機会にぜひ、姿勢のことを

知りに来てください!

 

東京都姿勢調整師会

埼玉県地区担当  田村恭恵

 

 

姿勢が悪いと何がいけないの?
猫背がひどいと歩けなくなるってホント!?
腰痛・肩こり・膝痛はなぜ起こる?
姿勢はどうしたらなおせるの?

 

……それをしっかり教えてくれる姿勢の専門家、井元雄一博士を朝霞にお呼びしました!

 

学校の先生も病院のお医者さんも知らない姿勢の真実を、お伝えします。

 

そして、講座のあと、ご希望の方は
お体の相談、姿勢調整の体験もできます。

 

今の姿勢の状態、
今の体の問題点とお悩みの原因、
実際に姿勢を変えてみる体験を、
完全無料で提供いたします。

 

対応できるお時間に限りがありますので
事前の申し込みを承ります。

 

姿勢の講座「姿勢を変えれば体が変わる」&姿勢調整体験会 2021年11月24日(埼玉県) - こくちーずプロ

 

講 師
井元 雄一

健康科学博士(Ph.D)、カイロプラクティック理学修士(M.S.)、関西カイロプラクティック医学院卒業、オーストラリア公立マードック大学カイロプラクティック学科卒業。韓国ハンソ大学院、健康増進大学院博士後期課程修了。 東京都知事認可組合理事長、神奈川県知事認可組合理事長、厚生労働大臣認可機関の理事を歴任。
3 万人以上の圧倒的な臨床数をもち、海外の著名なドクターとの交流も多く、日本全国のカイロプラクターやセラピストへの技術・経営指導も行なう。 プライベートでは4児の父。大学時代にバイクの事故に遭い、それがきっかけで「ゆがみ」の怖さを知った。後遺症が残ると言われていたのが嘘のように、今では元気に4人の子育て真っ最中。同じく子育て世代のお父さん、お母さんには特に良くなってもらいたい!と願う。そして腰痛、肩こりをなくすのはもちろんのこと「日本人をもっとかっこ良く健康にする」ことを目指している。
2017年2月「運動がもっと楽しくなる姿勢のお話」講演会、東京都、神奈川県の幼稚園、小中学校の学校保健委員会、PTA講演会、養護教諭の勉強会等、で各地で講演をおこない、姿勢と健康の大切さを伝えている。


こんな方に

健康でいたい!よい姿勢になりたい!
自分や家族の健康管理をしたい!
体の痛みや違和感の理由が知りたい!
姿勢よくいられる方法を知りたい!
体のパフォーマンスをもっと上げたい!
体をケアする仕事に興味がある!

 

↓↓申込はこちらから↓↓

姿勢の講座「姿勢を変えれば体が変わる」&姿勢調整体験会 2021年11月24日(埼玉県) - こくちーずプロ

 

 

主 催
東京都姿勢調整師会
東京都港区六本木1-7-28 落合麻布台ビル 6F

 

f:id:tokyo-shisei:20211111095314j:image

f:id:tokyo-shisei:20211111095757j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学会で研究発表を行いました。

f:id:tokyo-shisei:20211125153117j:plain

 

10月17日にリアルとオンラインの
ハイブリッドで開催された、

「世界手技療法会議(ICoC)」

にて、東京都姿勢調整師会の先生たちも
研究発表を行いました。

 

発表を行った先生と内容は以下のとおりです。

(敬称略、順番は当日発表のあった順です)

 

高山 みどり 症例報告「ストレートネック 頸椎性脊髄症」
塗木 洋平 症例報告「姿勢改善における予防の有効性」
三浦 枝穂 症例報告「児童の不良姿勢の改善」
道野 恵美子 調査報告「COVID19パンデミック
           首都圏在住在勤者の姿勢の変化(2020年)」
佐々木 隆博 症例報告「腰痛と五十肩に悩む側彎の50代女性の変化」
髙橋 恵未 症例報告「肩こり· 腰痛を伴う悪姿勢」
村上 直美 症例報告「生理的弯曲減少と前傾姿勢による五十肩の改善」
村田 憲彦 症例報告「背部痛・腰痛・頭痛(30代男性)」
中尾 ありさ 症例研究「姿勢調整と姿勢矯正運動併用の有効性についての研究」

f:id:tokyo-shisei:20211125153545j:plain

f:id:tokyo-shisei:20211125153723j:plain

f:id:tokyo-shisei:20211125153731j:plain

f:id:tokyo-shisei:20211125153734j:plain

f:id:tokyo-shisei:20211125153741j:plain

f:id:tokyo-shisei:20211125153746j:plain

 

f:id:tokyo-shisei:20211125154904j:plain



 

JFCP認定セラピストに認定されました。

新東京カイロプラクティック協同組合、
東京都姿勢調整師会の塗木洋平先生が、
2021年4月、日本カイロプラクティック協同組合連合会(JFCP)
より新しくJFCP認定セラピストに認定されました。

 

4月4日にJFCPの岸田和美理事長から
認定証とトロフィーを授与された塗木先生に
インタビューしてきました。

 

 

JFCP認定セラピスト、認定おめでとうございます!
塗木先生は、JFCP認定セラピストとして
ご自身が担っていく役割は
どんなことだとお考えですか?


手によるケアである徒手療法業界の
法整備化に尽力することだと考えています。
整体、鍼灸、マッサージなど
近所を歩けばたくさんの
徒手療法のお店を見かけます。
それぞれできること、
対応できる分野が異なっていること、
教育基準がそれぞれバラバラであることは
一般的にあまり知られていません。

 

私自身もかつて腰痛と首の痛みに悩まされて、
徒手療法を頼っていました。
根本的な解決にはならなかったため、
色々な療法を転々としていました。


そんな中、姿勢科学に出会い、
日本の徒手療法業界の現状を知り、
大きなショックを受けました。


人の体に何かしらの処置を加えるため、
最低限の技術や知識は
身につけていて当然だ
と思っていたからです。

 

現実はそうでないことが多く、
受ける側がケガや
事故に遭うこともあると知り、
「自分が今まで受けてきたものは
大丈夫だったのだろうか?」
と急に怖くなったことを今でも覚えてします。


「自分と同じような思いをしている人が
どのくらいいるのだろう」

「そういった現状を知らないまま
受けている人がどのくらいいるのだろう」

実際、姿勢調整師として活動してから
そういう人にたくさん出会ってきました。

 

まずは一人でも多くの人が
体に関する正しい知識や
徒手療法の選び方を知ることが
大事だと思います。

医学の歴史を見ると、
業界の実態を知った世論が
国や業界団体を動かし、
法律や医療倫理の整備がなされてきました。

徒手療法業界も同じように
健全化を図るため、
JFCPセラピストとして、
これまで学んだ知識を
地域の皆さんに広めていきます。

 


JFCP認定セラピストを目指す後輩たちに、
どんなメッセージを伝えたいですか?

 

徒手療法業界の健全化を進めるためには、
体に関する正しい知識や業界の現状を
伝えるお手伝いをしてくれる方を
増やすことです。

まずは自分の身近な人、
住んでいる地域の人たちに
学んだ知識や自分自身の思いを
お話ししてほしいです。

それがJFCP認定セラピストに
繋がります。

がんばってください。

 

 

最後に、この記事をご覧の一般の皆さまに、
これからの意気込みをお伝えください!

 

私は姿勢調整師として、
杉並区を中心に
姿勢や体に関する相談会や
説明会を行っています。


「肩こり、腰痛などの
体の不調がなかなかよくならない」

「いろんな専門家が多くて、
どれを選べばよいかわからない」

「専門家に頼るだけなく
セルフケアできる方法を知りたい」

活動を通して、
こういった声をよく聞きます。

 

自分の体のことを
一番良くできるのは自分自身です。

そのためにはまず
体や健康について知ることが大切です。

地域の皆さんが毎日快適に過ごせる
かっこいい体を手に入れらるように
これからも活動をつづけています。

 

 

f:id:tokyo-shisei:20210412232823j:plain

塗木洋平先生

 

 

「カイロプラクティック事業所における 新型コロナウイルス感染症対策 ガイドライン」第3版

新東京カイロプラクティック協同組合、
東京都姿勢調整師会に所属する事業者の
施術院では、
カイロプラクティック制度化推進会議発行
カイロプラクティック事業所における
新型コロナウイルス感染症対策
ガイドライン」に基づいて感染症対策を
行っています。

 

感染症対策ガイドライン第3版が発行されました。
  

新型コロナウイルス感染予防対策

 

f:id:tokyo-shisei:20210315183606j:image

 

第3版は、変異型ウイルスによる感染割合の増加への懸念や、更なる新型コロナウイルス感染症の拡大に備え、
星 旦二先生(東京都立大学, 都市環境科学研究科, 特任教授)の監修に加え、厚生労働省経済産業省内閣官房の確認等を経て完成に至ったものです。
今後、政府の業種別ガイドラインにも掲載される予定とのことです。

 

 

#カイロプラクティック制度化推進会議

#カイロプラクティック

#徒手療法

#手技療法

#COVID19

#感染症対策ガイドライン

世田谷区立山崎小学校で姿勢の出前授業

~よい姿勢で元気にいられる方法~
世田谷区立山崎小学校の5年生54名に姿勢の授業を健康科学博士の井元雄一先生がお伝えいたしました。

・姿勢が良いとどんないいことがあるか?
・みんなの姿勢はどう?
・一番姿勢の良い人は?
など質問を沢山なげかけながら授業がすすみます。

腰が痛い人~?に数人手が上がります。
肩が痛い児童も多く、頭痛・腹痛もあると挙手する児童も多かったのが印象的でした。

姿勢チェックには担任の先生にもご協力いただき、児童同士でも姿勢のチェックをしてみるなどアクティブな授業となりました。

最後に、小学校高学年から多い、脊柱側彎症のお話をさせていただきました。
現在1000人に一人くらいの割合で小学生・中学生に脊柱側彎症が増えています。
初期段階で発見できれば治すことが出来ること、普段から姿勢チェックをしていくことが大事であるということをお伝えさせていただき、宿題として家の人に姿勢をチェックして欲しいと授業を終了しました。


校長先生からは1000人に一人の割合はとても深刻、これは感染症よりも多い割合になるのだから、もっと真剣に取り組むことが必要だというお声も頂戴し、世田谷の、東京の、そして日本の子どもたちを守りたい仲間を一人得た気持ちになりました。

東京都姿勢調整師会では小学校への出前授業、PTA主催の講演会なども行っております。
是非お問い合わせくださいね。

電話 03-6755-5823
メール tokyo@shisei.me

 

f:id:tokyo-shisei:20210219164902j:plain

f:id:tokyo-shisei:20210219164909j:plain